釣れませんけど何か・・・?

ここでは、「釣れませんけど何か・・・?」 に関する記事を紹介しています。

= Fishing Counter =

* 2012年漁獲高 = 06尾  * 2012年釣行日数 = 06日  * 2012年最大魚 = 44.0cm

* 2011年漁獲高 = 20尾  * 2011年釣行日数 = 07日  * 2011年最大魚 = 47.0cm


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入学式関係の撮影が終わった翌日、ソッコーでホームの房総リザーバーへ出撃・・・春の陽気に誘われて浮いて来ました(笑)。生涯唯一の50upを仕留めたのもこの季節、あれ以来あのブリブリの魚体にまた遭いたくてこの季節はソワソワとしてしまいます。
しかしながら春の陽気に誘われたのはバスマンだけでは無いようで・・・ダム中へら師だらけです(泣)。中にはマイクロバスで乗り付けて例会やってる団体もあって五月蠅くて仕方ない。あの人達はホントにお喋りでキット女子高生より喋くります・・・しかもオヤジのダミ声で(苦笑)。


「ステキな風景・・・ダミ声さえ無ければ(苦笑)。」

そんな訳で6:00に早々釣りを開始したけどほぼ諦めムード。良さげな場所にはへら師のボートが鈴なりなんで巻モノ勝負はボート小屋が閉まる16:00以降と割り切ってブッシュの中をネチネチと攻める。しかしながら大苦戦・・・打っても打ってもカスリもしない。アルミで出ている人達も苦戦しているよう(泣)。
何とか午前・午後で1本ずつ・・・スワンプクロゥラーのネコリグで絞り出した41cmと35cm。今年初の40upでございます!!

そして夕方・・・10時間に及ぶ時間潰し終了、風も吹いてきたし(チョット強すぎるけどw)目的のフィーディング場に必死に漕いで移動(笑)。


「スワンプ・ネコで初40upげっとん!!」

コンバットクランク250投入・・・コレで釣りたかったし、風が強かったのでカッ飛びルアーをチョイスしたけど反応ナシ。ココで選手交代、この場所では実績のあるMR-Xグリフォン・・・カラーは絶対的信頼を置く「イリュージョン何とか」(笑)。既に廃盤カラー、こんなに釣れる色を廃盤にした辺りから「サカナより人を釣ってる」気がしてこのメーカーに不信感が(苦笑)。




「いやいや・・・巻モノどっかんゲーム最高ッス!!」


で、グリフォン投入40分で44cmを筆頭に40up3尾追加・・・更に小さいの2尾バラし(驚)。やっぱりクランクベトってステキ・・・巻モノ最高っ!!その前は10時間で2尾だったのにネェ・・・(爆)。

=Fishing Counter=
今回の釣果
   ・5尾 (44~35cm)
今回のヒットルアー     
  ・MR-X グリフォン
  ・スワンプクロウラー
今回のロストルアー
  ・ナシ
使用タックル  
  ・ BELL's Specialst GB66M  +  Daiwa Alphas typeF  

  ・ SMITH The STRATEGY SS-66LR  + PFLUEGER SupremeXT

↓オモシロかったらClick!!↓ 
にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーサイト
ブログ更新を大幅にサボってますが・・・取りあえず昨日、オレにも遅過ぎる春がやって来ました(笑)。春休み中のセガレを誘いまだ強風が吹き荒れる水郷方面へ
横利根川~利根川の水門付近から釣り開始・・・セガレ連れな上に途中のSAで松屋の朝定食なんぞ食ってしまったので出足は遅め6:30スタート。

しかしながらココは足場的には申し分無いのだけどへら師のボートが多くて攻めあぐねる・・・特にセガレが明後日の方向にキャストしてしまわないか不安(笑)。ふと疑問に思ったのだが、ココのへら師はみんなエンジン付きのボートで出ているんだけどあんな沢山のオッチャン達はみんな船舶免許持ってるの?(苦笑)

小一時間で移動・・・八筋川の水門付近へ。ココでオヤジは初バスゲット、白くてあまりやる気の無さそうな38cm。ヒットルアーは「SUGOIバイブレーション」・・・このルアー絶大な信頼を置いてるんだけど残念ながら既に廃盤。中古屋で見つけるたびに買い占めてはダブルフックに交換しています(笑)。小振りなのに良く飛び、キビキビと良く泳いでくれます。
 

「やっと初バス・・・しかも半年振り(苦笑)。」

その後・・・SUGOIバイブをセガレに貸し出し釣り続けるも反応ナシ。移動を繰り返してついに一番信頼する常陸利根川~横利根川の水門にたどり着くも護岸工事の為釣り出来ず(泣)。今は震災後の護岸復旧工事がピークです(泣)。
霞本湖、常陸利根川の牛堀公園付近と有望ポイントをめぐるも強風の為ババ荒れ・・・本湖なんて白い三角波だらけで海みたいだし(汗)。

「久々の親子釣行・・・釣らせたかったなぁ。」

前川まで足を伸ばすも風向きが悪く厳しい状況。ポパイに寄って大人しく横利根川に戻り、朝釣れたポイントに入り直す。岸際をDUOのバイブで流していると何やら違和感・・・バスでした。どうやら追い食ったらしい。アワセが足りないので当然のように足下でさよーならー(泣)。

その後・・・陽がトップリ暮れるまでがんばったけどセガレにもオレにもアタリナシ。セガレにだいぶルアー無くされるし(笑)。セガレは今日から学校で朝が早いと奥さんに怒られるし・・・(汗)。


「セガレ春の霞水系に散る・・・(泣)。」

ちなみに、2月も2回ほど出撃しましたが降らないハズの雨が降って来たり、朝には止むハズの雨が一日中止まなかったりで心が折れて早々に帰還。一回は合羽の中までビショビショ・・・着替える時には肩やら腕から白い蒸気がユラユラ。ケンシロウばりの闘気を身につけたかと思いましたワ(爆)。

=Fishing Counter=
今回の釣果
   ・1尾 (アベレージサイズ)
今回のヒットルアー     
  ・スゴイバイブレーション
今回のロストルアー
  ・いぱ~い(泣) 
使用タックル  
  ・ Megabass F4-68X  +  Daiwa Alphas typeF 
  ・ BELL's Specialst GB66M  +  Daiwa Alphas typeF 



↓オモシロかったらClick!!↓
にほんブログ村 写真ブログへ

先日釣行で殉職してしまったルアー回収機・・・無いと不安です。今まで使っていた「ルーバー」はお高い上に最近売っているのをあまり見かけない。まぁ・・・もう10年近く使ったし元は十分取ったと割り切って新しいモノを購入しました。
今回はダイワの「ルアーキャッチャー」・・・何だか先端の回収部分が物々しいです。ルーバーに比べると多少かさばるのでフローターの時に邪魔かなぁ?と思いつつも近所のキャスティングでは他に選択肢が無かったし、その分15mまで落とせるみたいなのでリザーバーでも安心って事でアチコチ探し回らずコレに決めました。お値段3,150円也、ルーバーの半額です(笑)。


「とりあえずの安心を手に入れました・・・(笑)。」

それでもやっぱりオカッパリのバックやフローターの収納に入れると邪魔になりそうなので金具をつけてどこにでもヒョイとぶら下げられる様に仕様変更。さてさて・・・実力は如何なモノかっ??

↓オモシロかったらClick!!↓
にほんブログ村 写真ブログへ

明日は某幼稚園の「お遊戯会」の撮影・・・コレを卒園前に納品するアルバムに載せる為にソッコーで写真のセレクト→編集→校正→印刷します。尚かつ年度内に納品出来るように写真の展示販売もっ!! 今年から増えた幼稚園も来週お遊戯会があるし、確定申告もあるので昨年の春から戦々恐々としていた時季がやって来ました(泣)。

そんな訳で今行かないと今月は行けない可能性大・・・で、出撃。前回のリベンジを果たすべく昨日横利根川へ行ってきました。一日中鉄板をシャクり続ける覚悟で6:30に釣り開始。そして幸先よく15分程でヒット! シャクって止めて・・・シャクった鉄板に重みが乗る。狂喜乱舞でランディングに備え岸際に駆け寄ると水中でギラっと光る魚体。薄暗くてハッキリ見えないけど40upは確定っぽい。しかし・・・引き方がイマイチ弱々しいのはこの時季だから?? と思いながらスルスルと寄せて来たらイヤな予感的中。ニゴイさんでした(泣)。


「アンタかよっ・・・それでも5ヶ月振りのサカナ。」

一日一発有るか無いかのバイトをニゴイで使ってしまう自分の引きの弱さ・・・今年も「持ってなさそう」です。
その後も気を取り直してシャクり続けるも反応ナシで上流方向に移動を繰り返すが途中、根掛かり回収中に根掛かり回収機「ルーバー」の先っぽが殉職(泣)。かなりお高いのになぁ・・・。
その後は根掛かり→ロストを繰り返し持っていたリトルMAX3コが在庫切れ、スラバーVIBの新しいヤツに切り替えて釣り続けるも反応ナシ・・・ドン突きの常陸利根川合流部まで行き着いたついでに関和プロのお店に駆け込みリトルMAXを緊急で仕入れる(笑)。


「オレの信頼するポイントの対岸に有るので助かります(笑)。」

その後、朝イチの利根川との合流部分に戻り対岸をシャクシャク・・・午前と午後、日の差し方によってヘラ師の居る岸が入れ替わるんです(苦笑)。しかしながら反応ナシ・・・水郷大橋を通って利根川の対岸に渡り本流のテトラ撃ちを試みるも水位が低くて無理っぽい(泣)。テトラ帯の向こうに派手に「Deez」ラッピングされた青木プロのボート・・・ガイド中かな?


「まるで管釣り状態・・・ネット社会恐るべし(汗)。」

その後一気に印旛水系に移動・・・昔々の記憶を頼りに冬に強かった水路に行ってみましたが、幅5m程の水路に釣り人が15人程(汗)。何でこんな小場所に?と思ったら・・・雑誌に載っちゃったらしいです(爆)。ちなみにココはウチの実家からチャリで30分程の場所。帰り際に雑誌の話も含めて地元の方に色々と話を聞いて退散・・・結局、ニゴイのみ。ルアー10コくらいロストしました。

=Fishing Counter=
今回の釣果
   ・ゴイニー(笑)
今回のヒットルアー     
  ・ナシ
今回のロストルアー
  ・いぱ~い(泣) 
使用タックル  
  ・ アンリパ Molla MGS-73ML+2F  + PFLUEGER SupremeXT



↓オモシロかったらClick!!↓
にほんブログ村 写真ブログへ

「今年は釣りに行くっ!!」・・・って事で、まだ色々が本格始動しないウチに初釣りに行って来ました。しかしながら結果はタイトルの通り霞水系に返り討ち、単なる極寒修行で終わりましたとさっ(泣)。
首都高→東関道と抜けて朝イチは冬の有望ポイント黒部川からスタート。新調したロッドでシャッドをゴリゴリやったりハタいたり、メタルジグやら鉄板・バイブレーションをシャクったり・・・長いから遠投性がupな上になかなかオールマイティーです
しかしながら生命感がまるで無いので常陸利根川経由で横利根川に移動。もう10ヶ月も経過しているのにアチコチにまだ震災の爪痕が残っていて少々ヘコみます。


「ガイドも凍り付くほどのお寒い釣果・・・(泣)。」

横利根川でも同じような釣りを展開・・・ココは以前ベビシャでアケオメフィッュをゲットした経験もあるので期待しましたが今年は不発(泣)。しかも護岸がメコメコに崩れてようやく測量をやっている様な状態。
ココで折れかかる気持ちを何とか立て直し鰐川のテトラ穴撃ちとどちらにするか悩み抜いた挙げ句、本湖方面に北上を敢行。冬場の霞ヶ浦はワカサギ釣りが盛んなのでワカサギ釣りしている人が多い場所にはバスも入って来てるかも・・・?と読んだ訳です。


「ご覧の通りの現状・・・アチコチがメコメコのまんま(泣)。」


「護岸道路も未だに迂回場所多数です。」

で・・・良さげな場所でワカサギ釣りの邪魔にならないように少々離れて投げ倒しつつランガン。最終的には霞ヶ浦大橋を通り越して園部川の河口付近まで・・・そう、一昨年のバサクラで菊元さんがワカサギパターンを狙って入ったアノ場所です。
何をやってもダメなまま、17時ポッキリ折れたココロで帰宅の途に。しかしながら土浦市街地の大渋滞が待っておりやした(泣)。
総走行距離300Km、2回行ったら琵琶湖に着けます・・・もうヘトヘトです(苦笑)。正直、久しぶり過ぎて何をやっても現実味と言うか、実感と言うか・・・そう言った感じのモノが一切感じられずに終わってしまった厳しい現実。今年は寒いウチに霞バスとご対面したいモンです。
ちなみに朝利用した首都高は距離別料金になっていて今までよりもずいぶんとボッたくられました・・・ウソつき民主党めっ!!


=Fishing Counter=
今回の釣果
   ・まるでダメ夫
今回のヒットルアー     
  ・ナシ
今回のロストルアー
  ・ベビシャx2 リトルMAX ポインター 
使用タックル  
  ・ アンリパ Molla MGS-73ML+2F  + PFLUEGER SupremeXT



↓オモシロかったらClick!!↓
にほんブログ村 写真ブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。