カフェ・オレ色の敗北・・・

ここでは、「カフェ・オレ色の敗北・・・」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待ちに待った釣りだ。気合い入れて午前1時に出発。
まずは「Bata-ashi Brothers」古参メンバーKと我が家で合流。首都高~京葉道で房総半島を目指す。途中、大名バサーPの家に寄り館山道に入る・・・。
このPと言う男、何が大名かって・・・一番新参者のペェペェのハズなのに千葉県民である事を最大限に利用して玄関まで送迎付き。常にドア to ドアで房総の釣りを満喫してる。しかも、デビュー時に使っていたロッドがコンバットスティック・・・我々みたいに上州屋あたりのコンボセットでサンキュッパなんて安ロッドは触った事も無い、ワゴンセールでたたき売りのルアーなんて見向きもしないような完全ブランド志向の生意気なヤツなんである。


今回のフィールドは房総半島の真ん中よりやや先っちょの方にある某リザーバー・・・ここ数年はネットやショップの情報提供などですっかりメジャーになってしまったが、以前はパラダイスの様な場所で40UPの実績が高い。しかし、まだ暗い午前4時、ダムサイトの上から様子をうかがうとすっかり意気消沈・・・。(;>_<;)
ある程度は覚悟していたが、ここ数日の雨で我々の想像を遙かにしのぐドチャ濁り!!普段少し緑がかってクリアーなハズの水がまるでカフェ・オレの様に茶色く濁って期待感まるでナシ。


4.14-1
「空の青、山の緑、きれいな水・・・のハズが」


それでも、この場所で一日やり通せば何本かバスを手に出来るだろうと明るくなる頃エントリーしたのだが、風が強く吹き始めフローターが進まないどころかステイするのも危ういくらい・・・周りが断崖絶壁のリザーバーなのでビル風の様に風が抜ける。しかも雨の後で地盤が緩んでいてその断崖からアッチコッチで落石が起こっている始末・・・。あまりにも危険なので2時間程でバスを手にすること無く退避する事に。


昼から釣り再開を目標に内房側にある皿池に移動する。以前は小さいながら嫌になるほどの数釣りを堪能した場所。昼食を挟んで約1時間のドライブで目的地に到着。しかし、ここもスーパー銭湯にある薬草の湯みたいな茶色い濁りで状況は良くない。釣り始めるが全くバスの反応は無く、ヒントすら与えてもらえない。随分と辛い時間が続いた後ようやくPが一本釣る。25㎝・・・ここのアベレージサイズだ。
しばらくして「MR-X」にバスからの反応があったがのらない・・・水際の竹林から竹が束になって水中に倒れ込んでいるいかにもとぃったおいしい場所だ・・・。フォローで「ヤマセンコー」をスキッピングさせ竹の奥まで入れ込んでやると数投でラインが走った。竹に巻かれそうになりながらオープンエリアまで引きずり出すと後はなすがまま・・・ニューロッドの性能を試す様なやりとりはちっとも味わえなかった・・・。(;´_`;)


4.14-2
「こんな感じ・・・ほとんど曲がらず」


 


上がってきたのはやはり25㎝程のチビッコバス。魚体が白っぽく模様も薄い・・・いかにも「やる気無いですから・・・」みたいな感じのバスで、こちらのやる気も削がれる。それでも腹の辺りに少しハタいた痕が有った。こんな小さな池の小さなバスもしっかりスポーンを意識し始めているんだなぁ・・・。


4.14-3
「チビッコバス・・・ギャルママ??」


リリースした後、同じ場所や似た様な場所を執拗に攻めが反応は無い。そのうち風が冷たくなり始め睡眠不足と風邪っぴきの体にはかなり辛くなってきた。風邪が悪化すると困るのでKと二人で上陸する事に。しかし、アホのPは流れ込みの奥に姿を消していて我々の視界から消えていた。Kと二人で片付け・着替えを済ませ冷えた体を車内で暖めているとPが帰ってきた。既に我々が上陸してから一時間以上が経過している・・・全く協調性の欠落したヤツだ・・・。σ(--#)


日頃の行いが悪いのか、例のエントリーカードの魔力 か・・・久々の釣行で散々な目に遭った。近々リベンジする事を決意しながら家路に着く。帰りに殿様Pのリクエストで君津の中古釣具屋に立ち寄る。今日降ろしたニューロッドが新品同様の中古なのに自分が新品を買ったよりも1万円以上高く売られていた。
もうメガバスで美味しい思い出来る時代は終わったのだよ・・・。


タックル系は高い上にめぼしい物も無かったが、先日発売になったDVD付きイマカツ本が中古で600円だったので買ってみた。




本日の釣果
・チビッコバス 1尾
・MR-X グリフォン (木にぶら下がってましたw)


2006年漁獲高
・2尾


本日のヒットルアー
・ Gary Yamamoto ヤマセンコー4inc


本日のロストルアー
・ナシ


使用タックル
・ Megebass F2-57X + Daiwa TD-S105HV
・ Megebass F3 1/2-59XS + Shimano BIOMASTER2000



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。