哀しき初バス

ここでは、「哀しき初バス」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高滝ダムに釣りに行った・・・正確には高滝ダムで釣りをさせてもらった。
今回の目的は家族旅行。しかし、その最初の目的地「市原ぞうの国」 は高滝ダムからクルマで5分程度しか離れていない。釣りをしない訳にはいかない距離だ・・・(笑)。


計算通りぞうの国の開園時間よりかなり早く目的地付近に到着し、奥さん&お姉ちゃんの女性陣から許可をもらってセガレと2人で小一時間釣りを楽しむことに・・・。


3.30-2
「釣りバカ2代目」


このセガレ・・・2歳で初めてサカナを釣って以来、ブラックバス・コイ・フナ・ブルーギル・・・・ザリガニからオヤジのつまみの手長エビまで何でも良く釣る!! 5歳にして将来バスボートを買ってパパと釣りするなんて言い出す相当の釣りバカ・・・オヤジとしては嬉しい限りなんである。


最初は上流の川筋から攻めてみるが・・・全く生命反応ナシ。10分程で見切る。
次に、本湖に移動。少し奥まった足場の良いところでセガレにキャスト練習をさせる。今までは怪我されても困るし、他人に怪我させても困るので投げたロッドを渡して巻かせていたのだが5歳になったし、本人たっての希望でやらせてみる事に。
10分程ああしろこうしろと指導するとナカナカ様になって来た。本人も喜んであっちこっちと投げまくる・・・が釣れない・・・(T_T)。


ほっといてもモクモクとやっているので、ここでようやくオヤジもイソイソと釣り始める。しばらくするとガツンとルアーを引ったくられた。グイグイとロッドが曲がって隣のセガレも大興奮。遅ればせながら今年初めてのバスだ。
しかし・・・そうなのである。今日はセガレと一緒・・・フックが2本とも掛かっているのを確認すると、立場上そのままロッドをセガレに渡して後のファイトとランディングを譲る。


大喜びのセガレが抜き上げると40㎝弱のまぁまぁサイズだった。


3.30-1
「オレの初バスが・・・(T_T)」 


 その後は続かず、9時のぞうの国開園時間前には目的地に到着。そして・・・ゾウの背中に乗ると言う子供の頃からの夢をひとつ叶えたのであった・・・。


 本日の釣果
・バス 1尾
・オヤジのメンツ


2006年漁獲高
・1尾


本日のヒットルアー
・ Megebass MR-X グリフォン


本日のロストルアー
・初バスの感動 のウチ85% (苦笑)


使用タックル
・ Megebass F4-68X + Daiwa TD-S105HV





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。