補修つながり・・・???

ここでは、「補修つながり・・・???」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

補修つながり・・・と言った訳では断じて無いのだが、結局ほったらかしになっていたウェーダーのフェルトを釣行日程が決まったので慌てて直す。ずいぶん前に補修材料は買っていたのだが・・・根がモノグサなんで(笑)。( ̄_ ̄ i)


06.20-1
「スーパーずくし・・・夜な夜な作業なんで悪画像はご勘弁」


まずはフェルトが剥げた後のゴム糊とケバケバ・・・コイツをベビーサンダーで楽して一気に削り落とす。長靴部分の靴底は「ええっー」と言う程薄いので慎重に。


06.20-2
「電動工具で楽ちん楽ちん・・・」


そこにダイワの「スーパーフェルトボンド」なる専用の接着剤をブラシで塗りたくる・・・そして20分乾燥。説明書によると更にコレをもう1回繰り返すと書いてある。乾き待ちだけで40分(泣)・・・よほど暇じゃなきゃ出来ない作業だよなぁ~。( ̄ー ̄)


06.20-4
「待ち時間長すぎっ・・・そんなに暇じゃ無いんですけど。」


お次はやはりダイワの「スーパーフェルトキット」のフェルトの方にもボンドを塗布・・・こちらも2回塗りだそうです。しかし普通のボンドと普通のフェルトソール・・・コイツらの一体何処がスーパーなんだ???
缶コーヒーをすすりつつタバコを1本2本・・・とやってるウチに何とか規定時間が経過。靴底にソールを貼り付ける。かかとの部分を合わせてズレない様に張っていくと「???」・・・つま先が余る! シッカリとサイズを見て高いカネ出してダイワの純正を買ってきたのにっ!! かなりテンションダウン┐( ̄ヘ ̄)┌


06.20-3
「純正のクセにサイズ合わないじゃんっ!! 勘弁してよ(泣)。」


取りあえずつま先の余った状態で貼り合わせ、圧着させるために木槌で叩く・・・と書いてあるが木槌が無いのでプラスチックハンマーで叩く。剥がれない様に外側を中心にガツガツとサイズの合わない怒りを込めて叩きまくる(笑)。ヾ(▼ヘ▼;)


で、後は24時間テープで固定して完成らしいのだが・・・ホントに大丈夫なんだろうか??? 24時間後にどのくらい強度が出ているか定かでは無いが、なんとなくまたすぐに剥がれてしまいそうな予感。それにつま先の余りはどうやって処理しよう? 激安ウェーダーが買えるくらい材料代かかった割にはちっとも満足な結果じゃないな・・・。ケチケチしないで新調しろって事か?? \(*`∧´)/


06.20-5
「今のところあまり大丈夫じゃ無さそう・・・24時間後に期待」


取りあえず今週の釣行時には剥がれませんように・・・って言うか1回で剥がれたらダイワはもう買わない! そもそもたった1・2年でフェルトが剥がれるなんて・・・以前買った¥1,980-のウェーダーですら無かったトラブルだし。 温厚なオレも怒るってっ!!!


印

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。