やっとこさ・・・

ここでは、「やっとこさ・・・」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年9月の釣行でバッキリ折れてしまい短い付き合いを終えた「Loadrunner VOICE 5100LS」。予定では今年のBACで田辺さんご本人に購入を報告しようと思ってたんだけど・・・折れたなんて言えません(笑)。で・・・、代わりにその辺のエピソードを一昨年の話しから色々と盛三さんに話したら「言えませんネェ~っ」って大爆笑してました。
まっ、あんだけ笑ってもらえればこのロッドもチョットは浮かばれます・・・ネタの仕込みに若干経費がかかり過ぎてますけど(泣)。


「保険請求の際添付した写真・・・(笑)。」

何故今更このロッドの話題かと言うと・・・釣具保険のお話。保険の請求には修理金額の見積もり、もしくはメーカーの修理不能証明書のいずれかが必要です。当然、ワンピースロッドの場合は修理=新品交換となる訳ですが・・・大抵の場合メーカーに修理見積もりを依頼すると一緒に同じロッドを送り返してきます。ところが・・・コチラサイドとしてはよほど惚れ込んで使っているロッドでも無い限り折れちゃう様なモノはもう使う気になれない訳ですヮ(苦笑)。
そこでオレが常套手段として使っているのが購入店舗に修理の見積もりをお願いする方法。今まではいつも通っている「キャスティング」で見積もりを作成してもらって100%の確率で保険の審査はパスしています。ところが・・・今回は中古で買った
ロッド、キャスティングで購入した訳でも無いので頼むのはチョット心苦しい。
仕方ないので購入した某中古屋TB(笑)に依頼した訳です・・・しかも、店での処理に関しては信用問題に係わるのでメーカーに送るとの事。言っている事がよくわからんのだが、こちらとしては同じ商品を購入する気は無い旨伝え渋々了承したのだった。しかも依頼したのは9月の末か10月のアタマ。あまりに遅いので心の広いオレも途中2度ほど問い合わせていたのだが戻り次第こちらからお電話しますの一点張り。

それでも売上にならない用事を頼んでいるのでガマンしていたのだが昨日やっと連絡が来た。で、取りに行ってみると添付された書類はTBのFC本部の担当者と某有名釣具問屋Tの担当者間でやり取りされたFAXのコピー・・・一応金額は入っているけど社判も店印も担当者印すら押されてない全くの白黒。
コレで果たして保険の審査がパスするのか?という不安と、たかがコレだけのモノをよこすのに2ヶ月以上もかかっている不手際さにハラワタが煮えくりかえっているのだが・・・一応お礼を言って持ち帰ってきた。
コレでダメならキャスティングに泣き入れるかな・・・やっぱり何の仕事でも誠意を持ってきちんと対応してくれる人間に頼むに限るっ!!

↓オモシロかったらClick!!↓
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。