イモムシ通信・・・(藁)。

ここでは、「イモムシ通信・・・(藁)。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 月に一度の定期作業・・・そう、カブトムシの幼虫のお世話(苦笑)。もうね、コイツら凄いんですよ・・・食欲がっ!! 20リットル入りの腐葉土を買って来るんだけど1月後には土の高さが半分になってしまいます(汗)。で、現在23匹の幼虫が飼育ケースで発育中。昨年12月以来1匹も減らす事なく順調に育ってますよ・・・結構優秀なブリーダーでしょっ?


「かなりバルキーになって来ましたよ・・・。」

 カブトムシ達もずいぶん丸々してるし、色が少し変わってきました。以前はもっと透けている感じだったんだけどチョット黄色っぽくて透明感が無くなってきた。そろそろサナギになる前段階になってきたのでしょうか? それにしてもこのイモムシがあんなに立派なツノを持ったカブトムシになるなんて・・・不思議だよなぁ~。
 そんな訳で今まで2つの飼育ケースに分けていたのですが1つに10匹以上じゃサナギになるのに狭いだろうと今回は飼育ケース1つ追加です(苦笑)。来月はさらに小さいケースに数匹分けて仕事先の幼稚園に持って行ってあげようかと思っております。


「きゃーっ・・・ウジャウジャです(笑)。」

 しかし・・・腐葉土が1つ約500円、毎月2つ消費していたので月に1000円。カブトムシは結構な金食い虫ですヮ(汗)。そう言えば甲虫ブリダーとしても有名な菊元さん・・・最近リリースされるロッドはカブトムシやクワガタの名前を冠したモノばかりだし、自宅にムシ部屋があるくらいの入れ込み様。
 ウチもセガレと親子で外産のカブトムシやクワガタを飼ってみたいって話しになったんですが・・・国産のモノと違ってタマゴがかえってもリリース出来ない。菊さんの部屋がムシだらけなのには好きだからって事以外にそんな理由もあるそうです・・・。オレ的にはカブトムシやクワガタが何十年か経った後に今のブラックバスの様なかわいそうな扱いを受けないためにも外産に手を出すのは見送りました。おかげで今のところ玄関先に飼育ケースを積み上げたカブトムシマンションの範囲で済んでます(爆)。


「無事に作業終了・・・腰が痛い(泣)。」

 もちろんわが家のカブトムシ達の親は千葉県内で捕まえた純国産。今シーズン育てたカブトムシ達は来年の夏、家族旅行に行った時にでも山に帰してやろうと思います。来シーズン育てるにしても少し血を入れ替えてやらないと弱くなりそうだし。1つ確実に言えることは・・・タマゴから育てるよりは買った方が安いって事(爆)。そりぁ成虫の時だけ楽しむなら捕まえるのが一番、何たってタダですから。しかし・・・東京なんてトコに住んでいるとコレがなかなか難しいんですよネェ~(苦笑)。


↓オモシロかったらClick!!↓
にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。