無事終了

ここでは、「無事終了」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 実は・・・わが家の黒軍鶏号、数日前に車検切れてます(笑)。年度末で車検場の予約がパツンパツン、オマケにオレ自身も仕事が立て込んでいてチョットやばい状況でした。もちろん車検切れ以降は保険の更新だけ済ませ仮ナンバーでやり過ごしてましたがあまり長いのも(汗)。で・・・、最初に予約を取れたのが4月3日。ただ、4月1日をまたいでしまうと税金の処理が1工程増えて面倒臭い。キャンセル狙いでジリジリ前倒しをして何とかギリギリで今日、3月31日に車検場へ・・・(笑)。


「コレが書類一式・・・このはさむヤツは必須アイテムです。」

 ユーザ車検もかれこれ3回目・・・余裕シャクシャクで行きたいトコですが毎回2年前の薄れた記憶を辿っている状況(苦笑)。今回は事前に用紙だけゲットしていたので自宅で記入して車検場へ。えんぴつ書きとボールペン書きの部分があったりしてチョット面倒ですが基本的には車検証に記載されている事をそのまま書き写すだけです。


「税金・・・非常に事務的に大金を持って行かれます(苦笑)。」

 8:45~受付開始の第1ラウンドを予約していたので8:40に自宅を出る・・・ウチから車検場まではクルマで5分とかからない(笑)。今回は初の試みでダイレクトに車検場へ、いつもはテスター屋で光軸とか見てから行くンだけど・・・ギャンブルです。まっ、ハネられてもそこだけ直して再検査すればO.K、1日3回までコースに入り直す事が出来るらしい・・・どう考えても2回で済むと思うのだが(笑)。


「検査コース内の様子・・・慣れれば楽勝っ!」

 書類を持ってまずは支払い・・・検査手数利用1800円重量税が50400円。窓口で支払うと用紙の所定の場所に印紙を貼ってくれます。ちなみに用紙は25円。それから自動車税の領収証を見せて納税確認のハンコをもらいユーザー車検の窓口へ・・・ここで予約番号を知らせて確認後いざコースへ。今日の窓口の担当者はとても感じが良い人でした。前回はやたら偉そうなオッサンで最後はオレも半ギレでした(苦笑)。
 それと前回までは電話の音声案内で予約してましたが今回からはインターネット予約・・・自分の予約番号や時間もプリントアウトして持参出来るので便利です。


「検査結果の記録も自動、○×ってなってるのがライト(汗)。」

 検査コースに入る手前でホーンやワイパー、灯火類の確認。コースに入ってサイドスリップやらスピードメーター、ライトの光軸に排ガス・・・全部自動、電光掲示板に指示と結果が表示されます。最後に真ん中に穴の開いた場所で下回り検査を受けて終了。やはり光軸は不合格・・・左側だけずれていました。
 車検場の向かいにあるテスター屋に駆け込んで光軸調整・・・お値段1500円也。で、すぐにコースに戻って再検査・・・今度は合格。


「で・・・無事に交付されて終了です。」

 後はハンコをもらった書類を交付窓口に提出・・・待ちが無ければすぐに新しい車検証とシールをくれます。書類をもらいに行った時はメチャクチャ混んでいたので心配したけど今日は空いててラッキーでした。ほぼ9:00から車検場内を動き始め再検査をしたにも係わらず10:10・・・1時間チョイで車検終了(笑)。

 かかった費用は・・・

重量税・・・・・・¥50400-
自賠責・・・・・・¥22470-
書類一式・・・・¥25-
検査手数料・・¥1800-
光軸調整・・・・¥1500-

合計・・・・・¥76159-

 ディーラーで取った見積もりだと19万だったので随分安く上がりました・・・まぁ、消耗品などの寿命を自分で見極めなくてはならない事になりますが一度自分で通してしまうと業者に依頼する気にはまったくなれませんね(笑)。という訳で無事に車検終了・・・帰りに区役所へ行って仮ナンバーを返却。コレで2年間コイツを転がすことが出来ますっ!!

 話しは変わってバス業界を震撼させている例の事件・・・正直未だに信じられません。とても明るくて人柄も良かったし(泣)。プロとしての純度が高かった人なので今後が・・・特に去年結婚した奥さんの事が心配です。 釣り人とし魅力的だったし、取材対象としても「何時かは」の思いがあったので言葉も見つかりません。


↓オモシロかったらClick!!↓
にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。