野池と中規模リザーバー(笑)。

ここでは、「野池と中規模リザーバー(笑)。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
事務所開設とほぼ同時に復活した趣味の水槽・・・現在2本。最初に入れた60cm水草水槽と昨年秋口に導入した25cmエビちゃん水槽。60cmは通称「中規模リザーバー」、25cmの方は通称「野池」(笑)。現在こんな感じです。


「現在水草育成中のためひたすら放置(笑)。」

昨夏の異常気象で水槽内の水温もあり得ないくらい上昇・・・水草がかなりダメージを受けてトロトロに溶けてしまった上にタチの悪いコケが全面に生えてしまったのでコチラの方は11月にリセット。現在はサカナ1匹とエビ数匹に巻き貝少々。全てコケ取り用。底面のソイルが見えない位ビッシリとグロッソを生やしたいと思い挑戦中・・・と言ってもひたすら放置してるだけ。


「ブランド水草・・・育ちは良い様です。」

グロッソは奮発してトロピカ社のポットを購入したせいか2ヶ月でまずまず伸びて来てます。今年の夏は冷却機能付きの濾過器を導入しないとダメですネェ(汗)。さすがに事務所は24時間エアコンつけっぱにはできないので冷却ファン位じゃ焼け石に水でした。


「コチラはエビ用・・・25cmのお安いセット水槽」

もう1本、「野池」の方はレッドビーシュリンプを飼うために水温が落ち着いた秋口に導入。このエビ・・・中々水質管理が難しい上にまぁまぁお高い生体なので苦労してます。1月程かけて巻き貝と水草でバクテリアを繁殖させた水槽に入れてもポツリポツリとお亡くなりになります(泣)。12月初旬あきらめかけた頃に初めて抱卵・・・俄然モチベーションが上がって何とか続いてます。年末、無事に稚エビちゃんも生まれ気を良くして先日少しグレードの高いエビを入れてみましたがその後は抱卵しません(苦笑)。コイツら中々かわいいです・・・ボーっと眺めては日々癒されてます。


「エビちゃん・・・オトナと子ども(笑)。オトナで15~20mm程度。」

しかし、グレードによってお値段が一桁変わるので今はこのレベルで我慢我慢・・・お高いのは1匹で何千円もしちゃいますからネェ。ウチで生まれた20匹程の稚エビちゃんは血統が血統なんで模様的にはイマイチですがミジンコサイズからアリンコサイズ位に成長しました。現在、次の抱卵に期待して新月や満月の時はエビの様にソワソワしてます(爆)。

↓オモシロかったらClick!!↓
にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。